編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴 | Home

陰間 - sissy


陰間(かげま)とは、江戸時代に、女装して「陰間茶屋」などで客に性的なサービスを含む様々な接待をしていた男性。

「かげま」という名前は、肛門性交を表す(きく)が、五十音表で「か」と「け」の間にあることから、「かけま」→「かげま」と変化したと言われている。一種の隠語であった。

別の説では元々彼らは女形修行中の者で、まだ舞台に出ていない者の控室という意味の陰間から、その陰間にいる男の子たちが男性と性行為をする場所というので陰間茶屋ということばがうまれたともいう。そのため初期の陰間茶屋は、一般に芝居小屋の近くに作られた。

料金はかなり高く、下っ端の子でも今のお金でいえば10万円くらいの高額料金をとったらしい。庶民が気軽に遊べるような相手ではなかつた。

高度成長期の日本のゲイボーイの源流のひとつである。

彼女らの中には性同一性障害の人もあったが、性的にはごくノーマルであるものの、純粋に女形の修行として女装し、女の感覚を学ために敢えて男に抱かれる修行をしていた者もあったという。

おかま


category:中性職業


【コメント】
あなたの名前:

.