編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴 | Home

自己去勢 - self castration


自己去勢(じこきょせい, self castration)とは、男性が自分で去勢をおこなうこと。

基本的に自分で陰茎を切断するケースと、自分で睾丸を摘出するケースに分けられる。

昔の修行僧で、自分の性欲に悩むあまり、性器切断(陰茎のみ、あるいは陰茎と陰嚢の双方を一挙に。羅切という)に至る者は時々いた。当然死亡率はかなり高かったものと思われる。

中国の秦恵英という人は女になりたい(男でいたくない)という思いが募り、最初自分で発作的に睾丸を摘出し、大出血して病院に運び込まれるものの変な奴だということで職を失い、それでもめげずに次は器具をしっかり準備して陰茎も切断してしまった。その時はあまり血は出なかったとのこと。後に病院で外陰部形成と豊胸の手術を受けた。

自己去勢する人には、性欲に悩んでする人、女になりたくてする人、SMの一環としてする人、とにおおむね分類できるものと思われる。

しかし睾丸の摘出はまだしも、陰茎の切断はとても危険なので、自分で切るというのは基本的にすべきでない。その気になれば、ちゃんと手術してくれるところは見つかるはずである。

自宮, 羅切, ペニスカット


【コメント】
あなたの名前:

.