編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴 | Home

- vagina


膣(ちつ, vagina)とは、女性性器のひとつで中空状で伸縮性がある器官。性交の際に男性陰茎を受け入れるとともに、出産時は産道となる。「ヴァギナ」。

膣は内性器に分類する人と外性器に分類する人がいる、微妙な場所にある器官である。小陰唇(labia minora)の中、膣前庭(vestible)の下部のほうに開いた膣口?(vaginal orifice)の奥、子宮口までの間の伸縮性の高い器官であり、通常時は成人女性の場合7~10cm程度の長さである。

性交時には男性陰茎(penis)を受け入れ、(主として男性側の)ピストン運動による膣表面と陰茎皮膚との摩擦が男性側の強い快感となって射精(ejaculation)を引き起こす。この時、必要以上に摩擦熱が出ないように、膣内には愛液(lovejuice, joy-juice)が分泌され、潤滑になる。

出産の時にはこの膣は胎児の通り道になる。従って膣はそのサイズまでのびる力をもっており、胎児の頭より大きな陰茎が恐らく存在しない以上、相当巨大な陰茎でも受け入れることができるはずである。巨大な陰茎を挿入されようとして「壊れる!!」とおびえる女性もいるが、ゆっくりやれば壊れることはないから大丈夫である。むろんそんなに巨大な陰茎でなくても、充分伸びない内に無理に挿入しようとすれば、双方痛い目に遭うので前戯?は大事である。

よく性交時に「膣で感じる」という話があるがそれは本当はおかしい。膣の感覚が発達していたら、出産時の痛みにはとても耐えられる訳がない。むろん膣の入口付近にはGスポットがあるので、ここで感じることは当然あるが、そうではなく本当に膣自体で挿入の快感を感じる感覚は存在するようなので、なかなか面白い。性に関する研究というのは意外に歴史が浅いし、特に女性の性に関する研究はひじょうに少ないのである。

男性→女性の性転換手術では、主として陰茎の皮膚を裏返して膣として使用する方法が主である。その場合、元々陰茎だったわけだからちょうど陰茎のサイズを受け入れることができるわけで、これはうまいアイデアである。そのようにして形成された膣からは愛液は出ないが、昔から出ると主張する性転換者は多かった。最近では尿道球腺(カウパー腺)を利用したり、陰茎部分に付いていた尿道を利用して、性的に興奮すると最低限の湿度が保てるようにする手術法をとる医師もいる。ただ、どっちみちクリームを使う人は多い。

なお性交未体験の女性の場合、この膣の入口付近に処女膜(hymen)が存在する。これは最初の性交で破れ、最初の出産で完全に消滅する。処女膜が何のために存在しているのかについても諸説があって定まらない。

陰茎, 子宮, 陰核, 性器, 造膣術, 歯のある膣, プッシー


コメント
あなたの名前:

.