編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴 | Home

潮吹き - gushing


目次

潮吹きとは

潮吹き(しおふき, gushing, squirting)とは、性行為や自慰などにより性的に興奮した際、男女の生殖器から大量の液体が射出される現象で、精液とも愛液とも尿とも異なるものである。潮吹きという名前の由来は鯨の潮吹きのさまに似ていることからきている。英語のgushingは「勢いよく流れる」という意味、squirtingは「噴出する」という意味である。

女性射精について

潮吹きは初期の段階で女性において確認されたため、「女性射精(じょせいしゃせい, female ejaculation)と呼ばれることもある。しかし男性に潮吹きがない訳ではない。男性の場合、性的に興奮すると射精してしまうことが多いため、潮吹きの経験がある男性は極めて稀である。むろん女性でも潮吹きを経験している女性はかなり少ないが、男性よりは遙かに多数である。

Gスポットと潮吹き

1944年、ドイツの産婦人科医であるエルンスト・グレフェンベルグ(Gスポットの提唱者)らが、膣前壁の尿道の内側表面つたいにある性欲を喚起する場所と表現する部位を発見し、1950年に論文発表した。

この時、その部位を刺激しオーガズムに達すると膣口?から出る粘液?が人によっては10cmほど飛ぶ事も有ると述べられた事から、グレフェンベルグの頭文字を取ってその部位はGスポットと呼ばれる様になり、これを「女性射精」と呼ぶようになった。

噴出部位

女性器からの分泌物に関しては、バルトリン腺液やスキーン腺液や分泌液が知られている。潮吹きが起こる部位は、(1)、(2)膣周辺の分泌腺、(3)尿道等が挙げられている。しかし、潮吹き自体の定義が曖昧であるため、噴出する部位を限られた経験や見聞で特定あるいは定義することは不可能である。ただ、一般に潮吹きと呼ばれる現象ではかなり大量の水分が放出されており、それだけの水分を出せるのは尿道ではないかという説は根強い。

なお、男性の潮吹きは尿道からの放出である。

成分

潮(潮吹きの際に噴出する分泌液)は、「尿説」と「分泌液説」の両論に分かれる。分泌液説では愛液説やスキーン線液説などが有るが、その成分は酸性フォスファターゼ(リン酸分解酵素)を含む精液に似た成分だと言う報告もある。

尿であるという説については多くの(男女の)潮吹き経験者が否定する。尿と飲み比べてみたが全然味が違ったという報告もある。潮は無色無味に近いらしい。男性の場合、ふつうの精液は睾丸由来の精子が様々な器官の分泌液と混じって精液となり噴出するのだが、潮吹きの場合、睾丸由来の成分が無いか、かなり少なく、途中の器官から出た分泌液だけで構成されているのではないかともいわれる。

実際、男性の潮吹きは一度射精した後の前立腺刺激(いわゆるトコロテン)で起きやすいというのである。

どの説を潮吹きと定義するかにより、その量に関する説も様々である。スキーン腺液説では3cc程度の少量とされ、愛液説では多いときで15ccほど、尿説では大量に出るなどの説が有る。また、量は少量から、大量に勢い良く出る場合もあるとする説もある。潮吹きの経験が少ない女性は噴出する量が少なく、慣れるに従って増えるという説もある。

精液, 勃起, 前立腺, 射精,愛液,加納 霞?,ブルマーオナニー?,自慰,レオタードオナニー?


【コメント】
あなたの名前:

.