編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴 | Home

染色体の性 - sex of chromosome


染色体の性(せんしょくたいのせい, sex of chromosome)とは、染色体の構成によるの区分である。

人の細胞の中には23組46個の染色体があるが、その中の一組が性染色体と呼ばれ、人の性決定に大きな影響を持っている。

人間の性染色体には X形状のものと Y形状のものがあり、X染色体・Y染色体と呼ばれている。普通、女性の場合はXが2個(XX)、男性の場合はXとYが1個ずつ(XY)になっている。これらは卵子精子が作られるとき染色体23個ずつに減数分裂し、受精の時に合体して46個に戻る時に組み合わせが決まる。

女性はXXなので卵子は必ずX染色体を持つが、男性はXYなので、精子には X精子と Y精子が存在する。卵子がX精子と受精すれば受精卵はXXとなり普通は女の子に育ち、Y精子と受精すれば受精卵はXYとなり普通は男の子に育つ。

ただし稀にそのメカニズムが混乱してXXなのに男の子に育ったり、XYなのに女の子に育つ場合、またそもそも遺伝子がXX,XY以外の構成になってしまう場合があり、これが半陰陽である。詳しくは同項参照。

発生的な性, 性の基準


【コメント】
あなたの名前:

.