編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴 | Home

恥丘 - monspubis


目次

恥丘とは

恥丘(ちきゅう, mons pubis / mons veneris)とは、男女の外性器の上側のややふくらんだ部分の呼称である。

解剖学的には、恥骨結合を覆う脂肪の肉状隆起である。

男女ともに使えることばではあるが、普通は女性の場合について言う場合が多く、男性についてはあまりこの言葉は使用されない。女性の場合、大陰唇の部分まで含めていう場合もある。また男性の場合、この恥丘の真ん中くらいからひじょうに邪魔な陰茎が生えている。恥丘の本来の姿は陰茎切断するかタックすることにより、はじめて露わになる。基本的には切断して本来の姿を取り戻すことが推奨される。

2chでは「地球」とわざと誤記される場合もある。「陰阜(いんぷ)」という訳語もあるが、今日では「恥丘」のほうが一般的である。英語では婉曲的に「ヴィーナスの丘(Venusberg, Mount of Venus)」などともいう。

この付近は元々発生学的には陰唇隆起(labial swellings)あるいは生殖隆起と呼ばれる部分で、その中央に大陰唇陰裂が開いている。これが男の子の場合は胎児のうちに睾丸が下に降りてきて隆起を押し広げ、陰唇の割れ目を密着させ癒合させてしまうのである。まれに停留睾丸によってこの作用が起きなかった場合は、出生時に女の子と誤認されることがある。

また男性陰茎を股にはさんで隠した上で、この部分を指で押すときれいな縦筋を作ることができて、まるで割れ目のように見える。MTFの男の子の場合、しばしば小さい頃からこれをやって擬似的に女性になったような気分を味わったりしている。


【コメント】
あなたの名前:

.