編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴 | Home

性同一性障害 - Gender Identity Disorder


性同一性障害(せいどういつせいしょうがい, Gender Identity Disorder)とは、自己の性自認に何らかのトラブルがあるものをいう。英語の略称でGIDということばもよく使用される。

性別不快症候群」と似たような文脈で使用されたりもするが、性同一性障害の場合は、特に「治療」が必要なほど病的と考えられるものをいう。

一般には異性装者性転換志向の人をGIDとみなしている傾向があるが、それは「異常」なことではないので、本来GIDではない。性転換志向の人は、その新しい性が自分の正しい性と考えているのであるから、「病気」ではなく「正常」なこととして美容整形などと同様に性転換手術を認めてあげてよいと思うし、異性装者も誰がどんな服を着るかは本当は自由なのだから、「異常」ではなく「正常」なこととして、異性の服を堂々と身につければよいであろう。

この手の問題に関しては、しばしば本人が自分がしていることが「異常」ではないかとか、「病気」ではないかと思い悩み、そのこと自体が本人を苦しめている。「君がしていることは別に変なことでもないし悪いことでもない」と言ってあげるだけで、本人は随分救われるのである。

いづれにしても現在はこの方面の心のケアが不足しているし、そもそも理解者が非常に少ない。

ただ、こういう傾向の人たちを「性同一性障害」とよび、これは「障害」なんですと世間に訴えることで、性転換手術などの治療方法が、日本で公的に認められるようになったこと自体は評価できる。

T's, 性別不快症候群, 性別不適合, 性同一性障害に対応する病院


【コメント】
あなたの名前:

.