編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴 | Home

性別保留 - suspension of gender notification


性別保留(せいべつほりゅう)とは、生まれた子供の性別が曖昧であった場合に、男か女かという出生届の性別欄を記載しないまま、出生届を出すこと。

これができることは(各自治体役場の戸籍係の人にさえ)あまり知られておらず、曖昧なのにどちらかに勝手に決めて出してしまい、あとで訂正するのに苦労することもある。

出生届には、性別が曖昧であれば記載せずに提出してもよいという注意書きを入れるべきであるという意見もあるが、様式などの問題で難しいようである。

本人の性別が明確になった時点で、あらためて届けを出して性別を確定させる。何歳までに届けなければならない、といった決まりは無いので、無理に急がないほうがよい。後日届けてものを再度訂正するのは、より困難になることが予想される。

性分化障害, 性別変更


【コメント】
あなたの名前:

.