編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴 | Home

家庭内強制性転換 - forced sexchange at home


家庭内強制性転換(かていないきょうせいせいてんかん)とは、男の子が親の手で強制的に性転換されてしまうこと。

女の子が欲しかったのに男の子が生まれてしまったので、女の子の服を着せて女の子として育てていて(家庭内強制女装)、それが思いあまって、性器を親の手で切断あるいは機能停止させたりするケース、また医学的な技術を持つ人(普通は医師)の協力を得て、性転換手術を施してしまうような場合がある。この場合、本人の意志は無視されるか、あるいはそもそも性別選択の判断ができないような年齢のうちにおこなってしまうもの。

ドイツで男の子を赤ん坊のうちに手術を受けさせて女の子にしてしまった親が報道されたことがある。

2004年に大阪で母親が生後4カ月の息子の睾丸を切除して逮捕される事件があった(懲役5年の判決)。このケースでは母親はこの子を女の子として育てており、近所の人も女の子と思いこんでいた。

2000年12月に小児科医の掲示板に「悩む母親」のハンドルで「3才の息子のオチンチンを切り取って女の子にしたいのですが、良い方法を教えて下さい。」という書き込みがあり、それに対して事故を装って睾丸を潰してしまえばよいというレスが付き、そこから掲示板が炎上して、結果的に閉鎖になってしまった事件があった。この件に関しては、最初に書いた人が1人3役くらいしていたらしく、そもそもがただの妄想であったという説が有力である。

強制性転換


【コメント】
あなたの名前:

.