編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴 | Home

ペティコート罰 - petticoat punishment


ペティコート罰(ペティコートばつ, petticoat punishment)とは、男児の躾のため、悪いことをした時などに、罰としてペティコートなどの女児の服を着せること。pinafore punishmentともいう。pinafore はエプロンドレスのことである。

男の子自慰しているところを見つかったり、トイレに間に合わずにおもらししたり、おねしょしたりした時に、罰としてペティコートやその他女性用の服を着せたりする。ヨーロッパでは、ちゃんと勉強しなかったり、物を壊したり、礼儀正しくしなかったような場合も、この罰の対象になるようである。

また世界共通で、こういう場合に、「おちんちん切るよ」と言う(去勢警告)親は良くあり、女物の服を着せるというのは、いわば「次回はホントにおちんちん切って女の子にしてしまうよ」という強い警告でもある。ふつうの男の子の場合は、おちんちんを切られたくないので泣いて謝るのだが、そういうことを言われたり、女の子の服を着せられることで「目覚めてしまう」子もよくいる。

日本でも、女の子のショーツを穿かせたり、スカートを穿かせる親は時々いるようである。

二次元の世界で、変性物語ではここから

という2つのパターンがあり、フェチ系やナル系の人には前者、SM系の人には後者の展開が受けるようである。

なお、ヨーロッパの場合、自慰などの罰ではなく、単に「お行儀が悪い」ということだけでペティコート罰をくらうこともあるようである。その場合、何ヶ月も週末ずっと女の子の格好をさせられたりする場合もあるとのこと。また年齢的には16~17歳くらいまではあり得るらしい。(羨ましい)

性転換もの, 去勢警告


【コメント】

.